以前はiPhoneの6sカメラがメッセージの1200万画素にアップグレードされて来て

以前はiPhoneの6sカメラがメッセージの1200万画素にアップグレードされて来て、今より多くの詳細が公開されています。最近、日本のメディアの報道によると、次世代のiPhoneカメラサプライヤーは依然としてソニーであり、カスタムカスタム1200万画素カメラであり、新しいRGBWセンサー技術に加わり、明るさを向上させ、フォーカススピードが速くなります。 エルメス iphone7ケース iPhone 6sカメラ仕様RGBWセンサーによる露出 RGBWセンサーを装備 日本のメディア報道によると、次世代のiPhoneカメラサプライヤーは依然としてソニーであり、特別にカスタマイズされた1200万画素カメラを使用し、2色のウォームフラッシュを搭載する予定です。同時に、次世代のiPhoneには、1200万画素のカメラが搭載され、RGBWセンサー技術に参加し、写真の明るさを高め、低光環境の色ノイズを減らすことができます。 シャネルiphone7sケース さらに、次世代のiPhoneの焦点はより速く、Appleサプライチェーンからも、この1200万画素のカメラはiPhone 6に登場するはずだったが、Appleは品質を確保するために1年以上費やしたことを明らかにしたデバッグする時間。したがって、次世代のiPhoneの未来がより良い画質をもたらすという兆候はすべて見受けられます。 シャネルiphone8ケース iPhone 6sカメラ仕様RGBWセンサーによる露出 レンズ開口率は変わらない しかし、iPhoneの次世代にもかかわらず、祖先8億ピクセルのカメラニュースを放棄し、エキサイティングなソニーのRGBWセンサー技術は、より良い品質をもたらすことができるようだが、ソースによると、次のiPhoneカメラ1000万画素にアップグレードされますが、レンズの開口率が変わらないため、カメラのノイズが増加します。同時に、RGBWセンサ技術自体も不十分ですが、写真の明るさを向上させ、カラーノイズを低減することができますが、カラーパフォーマンスは低下します。 グッチiPhone7sケース そして、事故がなければ、カスタマイズされたバージョンで使用されるHuawei P8ソニーIMX278センサーで次世代のiPhoneカメラセンサーを使用する必要がありますが、業界関係者によると、このセンサーはまだ高い消費電力で、わずかです疑似カラーやその他の欠点があるため、アップル社は上記の欠点を改善するために、おそらく1年以上をデバッグに費やしました。 iPhone 6sカメラ仕様RGBWセンサーによる露出 2GBのメモリを搭載 次世代iPhoneのアップグレードでは、圧力センサー技術(Force Touch)に参加するという信頼性の高いメッセージが表示され、メモリ容量は2GBにアップグレードされ、32GB容量のバージョンから開始されます。 シャネルiphone8ケースソースは、ニュースを破った、16GBのバージョンの主な理由のキャンセルについては、iOS 9のシステムスペースは7GBに達するので、それはそれの練習を持っているようだ。さらに、新しいIOS 9システムはまた、未来の脱獄をより困難になり、もはや脱出することができなくなる "根なし"セキュリティ対策を追加しました。 Michael Kors iphone7ケース 台湾のメディア "経済デイリー"によると、業界のチェーンのニュースを引用した、アップルはメーカー、新世代のiPhoneを注文し始めたか、または生産を開始し、全体の生産率が予想よりも良いので、今年の9月は時間通りにリリースすることができますが、8月にも問題はありません。